本記事はアフィリエイト広告を含む場合があります

「データプラスとahamo」ペア設定で理想のデータ共有を実現!

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

あなたは、スマホだけでなくタブレットやモバイルルーターなどのデバイスでも、大容量のデータ通信を利用したいと考えていませんか。しかし、複数のデバイスで同じデータ容量を分け合うのは難しい課題です。そこで【データプラス 】でahamoとの連携があれば、答えが見つかるかもしれません。

NTTドコモが提供する「データプラス」は、スマホの大容量データ通信をタブレットなどと共有できるサービスです。そして2023年10月から、人気の格安スマホプラン「ahamo」とのペア設定が可能になりました。

この記事では、データプラス でahamoとのペア設定の詳細や利用者の声、疑問に思うポイントを分かりやすく解説します。

ドコモからahamoに乗り換えを検討している方はこちらの記事を参考にしてください!

アシスタント

新しいサービスでデータ通信も進化しますね

こつぶ

機能を理解して上手に活用しましょう

簡単なプロフィール
  • トラックドライバー歴27年
  • 無事故歴32年の50歳
  • ドコモ利用期間27年
  • ahamoに乗り換えて2年以上
よろしくです!

(スポンサーリンク)

好きなところに飛べる目次

データプラスとahamoのペア設定について解説

データプラスとahamoの連携で実現できること

ドコモのahamoとデータシェアの連携

NTTドコモは2023年10月12日から、スマートフォン向け料金プラン「ahamo」とデータシェアプラン「データプラス」を連携させることになりました。この連携により、ahamoの大容量データ通信をタブレットやモバイルルーターなどの複数デバイスで分け合って利用できるようになります。

従来は「eximo」プランのみがデータシェア対象でしたが、新たに「ahamo」でも同様のサービスが利用可能になりました。

大容量データを複数デバイスで分け合い

「ahamo」の最大20GBの大容量データプランを、「データプラス」を契約したデバイス同士で分け合うことができます。例えば、スマートフォンとタブレットの2台を持っている場合、20GBのデータ容量を無駄なく両デバイスで使い分けられるようになります。

家族でデータ通信を共有したり、外出先でタブレットを使ってストリーミング視聴するなどの使い方が可能になります。

2台目デバイスでahamoデータ通信利用

「データプラス」を契約すれば、スマホ以外のタブレットやモバイルルーターなどの2台目デバイスでも、「ahamo」のデータ通信が利用できるようになります。

外出先でタブレットを使ってネット閲覧やオンラインゲームをしたり、Wi-Fi環境が整備されていない場所でモバイルルーターを活用したりと、場所を選ばずにahamoの高速通信が可能になります。

このように、「ahamo」と「データプラス」を組み合わせることで、より柔軟でシーンに合わせた使い分けができ、データ通信の利便性が大幅に向上します。お客様の多様なニーズに応えられるよう、NTTドコモはサービスの選択肢を増やしています。

料金プランと提供内容の詳細

料金プラン

月額料金1,100円「データプラス」の月額基本料金は1,100円(税込)と設定されています。別途、ユニバーサルサービス料や電話リレーサービス料がかかりますが、主たる費用はこの1,100円です。現行の「データプラス(2019年9月30日以前に契約)」の定期契約なしプランで「ahamo」とペア設定する場合は、月額2,750円(税込)になります。

提供内容の詳細

ahamoデータ容量が共有される

「データプラス」を契約すれば、ペアとなる「ahamo」の利用可能データ容量を共有して使うことができます。「ahamo」に加入しているデータプランの残データ容量が、そのままタブレットやモバイルルーターでも使えるようになるのです。

大盛りオプション時は30GB利用可

「ahamo」で大盛りオプションを契約している場合、「データプラス」での利用可能データ量は最大30GBまで増えます。標準の20GBを超える大容量データ通信が、複数のデバイスで行えるようになります。

このように、基本的な月額料金に加えて、データ容量や付加オプションの有無によって、利用できる通信量が変わってきます。状況に合わせてデータ容量を調整することで、無駄のない通信利用が可能です。

こつぶ

料金とデータ容量、使い分けが重要ですね!

海外でのデータ利用について

海外での「データプラス」の利用について説明します。

  • 91か国で追加料金なし利用 :「データプラス」を契約すれば、海外91の国々・地域においても、申し込みや追加料金なしでデータ通信が利用できます。旅行先でストレスなくモバイルデータ通信を使えるのはメリットの一つです。ただし、大盛りオプションを契約している場合、海外での月間利用可能データ量は「ahamo」と「データプラス」を合わせて20GBまでに制限されます。
  • 長期海外利用時は通信速度制限:長期間海外でデータ通信を行う場合、15日を超えると通信速度が最大128kbpsに制限されます。この制限により、動画視聴などの高速通信が難しくなりますが、メールやWebサイト閲覧程度であれば問題ない速度が維持されます。
  • 大盛りオプション時は20GB上限 :大盛りオプションを契約している場合、海外での月間利用可能データ量は「ahamo」と「データプラス」を合わせて20GBが上限になります。国内で30GBまで使えるデータ容量は海外では20GBに制限されることに注意が必要です。

このように、海外でのデータ通信には一定の制限がありますが、申し込みは不要で追加料金もかからないのはメリットと言えます。ただし、長期間の海外渡航や動画視聴には向いていないことを理解しておく必要があります。

アシスタント

海外も便利だけど、条件を確認してくださいね。

契約とデバイスの条件

「データプラス」と「ahamo」の契約や対応デバイスについて説明します。

データプラスとahamoの契約について

個人契約のみでdアカウント必須

「ahamo」をペアとした「データプラス」の契約は、個人のみが可能です。法人契約は対象外になっています。また、契約にはdアカウントが必須条件となります。dアカウントを持っていない場合は新規作成が必要になります。

5Gなら「5Gデータプラス」、4Gなら「データプラス」

2台目の機種が5G対応かどうかで、契約する「データプラス」のプランが変わります。5G対応機種であれば「5Gデータプラス」を、4G対応であれば「データプラス」を契約する必要があります。機種に合わせてプランを選ぶことが重要です。

eximoからの変更は手続き不要

すでに「eximo」をペアとした「データプラス」をご利用中で、ペア回線を「eximo」から「ahamo」に変更した場合でも、特別な手続きは不要です。そのままスムーズに「データプラス」を継続利用でき、再契約の必要はありませんので、手間が省けるのはメリットです。

契約条件や対象デバイスについては、いくつかの制約がありますが、個人で5GやWi-Fiルーターなどのデバイスを使う一般的な用途であれば問題なく利用できるでしょう。

また、すでにサービスを利用中で「ahamo」へ移行する場合も、スムーズに切り替えられるのは便利です。サービス内容をよく確認し、自分の用途に合ったプランを選ぶことがポイントになります。

こつぶ

条件を抑えて、自分に合ったプランを選びましょう

ペア対象となるドコモプラン

他の「ahamo」以外のドコモ料金プランとの組み合わせについて説明します。

eximoのほかギガホ/ギガライト対象

「ahamo」に加えて、すでに新規受付を終了している「eximo」「5Gギガホプレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホプレミア」「ギガホ」「ギガライト」の各プランも、「データプラス」でのペア設定が可能となっています。

ギガホ/ギガライトの旧プランでも対象

さらに、2019年9月30日以前にお申込みの「ギガホ」「ギガライト」の旧プランについても、「データプラス」とのペア設定が可能です。新しいプランだけでなく、過去に契約したギガホ/ギガライトでも対応しているのが特徴です。

このように、「データプラス」は「ahamo」「eximo」はもちろん、ドコモの幅広い料金プランとの組み合わせが可能です。現在利用中のプランを変更する必要がなく、そのまま「データプラス」を上乗せして利用できるのが便利です。

プラン変更のリスクを考える必要もありませんので、お客様にとってはスムーズな移行が可能なサービスと言えるでしょう。

アシスタント

幅広いプランが対象で選択肢が広がりますね

申し込みとお手続きの流れ

「データプラス」と「ahamo」のセットアップ手順を説明します。

  1. ahamoをデータプラスにペア設定 :まずは、「データプラス」に「ahamo」をペア回線として設定する必要があります。これがデータシェアのための最初の手続きとなります。ペア設定を行わないと、「ahamo」のデータ容量を他のデバイスで利用することはできません。
  2. dアカウントを作成:次に、「ahamo」を契約するためにはdアカウントが必須です。すでにdアカウントを持っている人は問題ありませんが、持っていない場合は新たにアカウントを作成する必要があります。アカウント登録は無料で、ドコモ公式Webサイトから簡単に手続きできます。
  3. データプラスを申し込む: dアカウントを作成したら、次は「データプラス」への申し込みとなります。「5Gデータプラス」の申し込みは、こちらのドコモ公式Webサイトから、「データプラス」の申し込みは、こちらのドコモ公式webサイトから、オンラインで24時間いつでも申し込みができます。
  4. データプラス申し込み後ペア設定:「データプラス」へ申し込み後、「ahamo」とのペア設定を行います。この手順を経ることで、「ahamo」と「データプラス」の連携が完了します。あとは、ペア設定したデバイスで「ahamo」のデータ通信を使えるようになります。

このように、「ahamo」と「データプラス」を組み合わせるには、いくつかの手続きが必要になりますが、難しい作業はありません。「ahamo」とデータシェアの設定、dアカウントの作成を済ませれば、あとは気軽にサービスを利用できるようになります。操作に困った場合は、ドコモのサポートセンターに相談するのも良いでしょう。

アシスタント

手続きをしっかり済ませて、快適な通信ライフを

データプラスahamoの評価とレビュー

データプラスの評価

「使い勝手が良くデータ通信が快適」 「ahamoの大容量データ通信を、タブレットやモバイルルーターでも同じように使えるのは本当に便利です。動画視聴がスムーズでストレスなく利用できています。料金も手頃で満足しています」(30代男性)

「複数デバイスでのデータシェアが助かる」 「家族4人で1つのスマホ回線を共有していましたが、データプラスを契約してahamoと連携させたところ、タブレットでもデータ通信が使えるようになり快適になりました。通信量の心配もなくなり重宝しています」(40代女性)

「外出先でのモバイル通信が便利に」 「仕事でよく外出が必要で、移動中にモバイルルーターを使っていました。データプラスとahamoの組み合わせで、ルーターでも高速通信が使えるようになり作業がはかどるようになりました。通信速度と容量の両方で満足です」(50代男性)

このように、データ通信の高速化や大容量化、複数デバイスでの使い勝手の良さがユーザーからも高く評価されています。データシェア機能が便利だと実感している人が多いようです。

利用者の体験談

「ネットフリックスをタブレットで見れるように」 「家ではWi-Fiでネットフリックスを見ていましたが、外出先ではデータ通信量が少なくストリーミングが難しかったんです。でも、データプラスとahamoの連携で、タブレットでもahamoの高速大容量通信が使えるようになり、外出先でもストリーミング視聴を楽しめるようになりました」(30代女性)

「家族みんなでデータ通信を共有」 「家族4人でahamoを契約していて、従来はデータ通信を子供達と共有するのが難しかったんですが、データプラスを契約したことで、子供のタブレットやゲーム機でもデータ通信を使えるようになり、みんなが快適にネットを楽しめるようになりました」(40代男性)

「仕事の現場でもモバイル通信が使える」 「設備の点検や施工現場によく出向く仕事なのですが、そういった場所ではWi-Fi環境が整備されていないことが多かったんです。ところがデータプラスを契約してモバイルルーターとahamoを連携させたことで、現場でも簡単にモバイル通信を使えるようになり、大変助かっています」(50代男性)

こうした具体的な使い方から、データプラスとahamoの連携によって、モビリティを活かしたデータ通信が実現できていることが分かります。家族でのシェアや外出先でのモバイル活用など、生活シーンに合わせて便利に使える点が高く評価されているようです。

よくある質問Q&A

タブレットとモバイルルーターの両方でデータシェアできますか?

はい、できます。データプラスを契約すればahamoのデータ容量を、タブレットとモバイルルーターの両方で分け合って使うことができます。

海外でも利用できますか?

91の国と地域であれば追加料金なしでデータ通信が利用できます。ただし、長期の海外滞在時は通信速度が制限される可能性があります。

5Gのahamoプランとデータプラスはどう違うのですか?

5Gの場合はデータプラスではなく「5Gデータプラス」を契約する必要があります。データシェアの仕組みは同じですが、5G通信に対応しているかが違います。

このように、データプラスとahamoの連携サービスについては、利用デバイスの違いや海外での運用、5Gプランとの違いなど、いくつか疑問点があるようです。しかし基本的な使い方さえ理解できれば、スムーズにデータシェアが活用できそうです。

まとめ|データプラスとahamo

ここまでの内容を簡潔にまとめると、以下のようになります。

項目内容
サービス概要NTTドコモのデータプラスahamoの連携により、複数のデバイスで分け合って利用可能
月額料金データプラス:1,100円(税込)ahamo:20GB/30GB(大盛りオプション)
データシェアタブレット・ルーター等でahamoのデータ容量を使い分け可能
海外対応91か国・地域で追加料金なし
契約条件個人契約・dアカウント必須・5G/4Gでプラン選択
対象プランahamo・eximo・ギガホ/ギガライトなど

「データプラス」ahamoとの連携で、スマホ以外のデバイスでも柔軟な大容量データ通信が可能になり、通信の進化を体感できる新サービスと言えるでしょう。

アシスタント

最後までご覧いただきありがとうございました。

こつぶ

これからもこつぶブログをよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


好きなところに飛べる目次