本記事はアフィリエイト広告を含む場合があります

トラックドライバー未経験必見!向いてる人や必要なスキルを徹底検証!

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

トラックドライバーの仕事は、ただ荷物を積んで納品先に届けるだけの単純な仕事のようで、もう少し奥の深い部分があり、性格的に向き不向きがあったり、家庭の事情で定時に家に帰りたいような方には難しい職業です。

アシスタント

交通状況は誰にも予測出来ないですからね。

こつぶ

トラックドライバー歴27年の経験を活かして向き不向きな人を検証していきます!

本記事では、トラックドライバーになるために必要な資質や向いている人、逆に向いていない人に焦点を当て、トラックドライバー未経験の方でも分かりやすく、そのポイントを徹底的に検証します。

\ トラックドライバーに特化した転職サービス /

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に強い!

トラックドライバーのメリット・デメリットやあるあるなどは、こちらの記事を参考にしてください。

簡単な自己紹介
  • トラックドライバー歴27年
  • 無事故歴32年の50歳
  • トラックドライバーの経験を活かした事
  • からだの痛みの対策や日常を書いてます。
よろしくです!

(スポンサーリンク)

目次

トラックドライバーに必要なスキルと特性

トラックドライバーには、さまざまなスキルと特性が求められます。以下に、トラックドライバーに必要な主なスキルと特性をいくつか挙げてみます。

  1. 運転技術:トラックドライバーは大型車を安全かつ効率的に運転する必要があります。交通法規や車両の特性に精通し、様々な道路状況に対応できる技術が求められます。
  2. 安全意識:トラックドライバーは長時間運転するが多く、事故のリスクを最小限に考え、他の道路利用者や自分自身を守るための安全意識が必要です。
  3. 物流知識:荷物の積み降ろしでは、それぞれのルールがあり物流に関する知識が必要です。効率的な運送を行うためには、輸送業務全体について理解していることが役立ちます。
  4. コミュニケーションスキル:トラックドライバーは配送先や上司、同僚、顧客と円滑にコミュニケーションをとる必要があります。問題が発生した場合やスケジュール変更があった場合には、的確かつ明確なコミュニケーションが不可欠です。
  5. 忍耐力とストレス耐性:長時間の運転や悪天候、交通渋滞などのストレスフルな状況に耐えることが求められます。冷静で忍耐強い態度が必要です。
  6. 車両保守の知識:トラックの基本的なメンテナンスやトラブルシューティングのスキルがあると、道中でのトラブルにも迅速に対応できます。
  7. 時間管理能力:配達のスケジュールを守ることが求められるため、時間を管理し、計画を実行するスキルが必要です。
  8. 地理的知識:道路や地域の地理に詳しくなることで、適切な経路を選択し、迷子になることを防ぐことができます。

これらのスキルと特性は、トラックドライバーが仕事を遂行する上で重要な要素です。ただし、業界や企業によって求められるスキルや要件は異なる場合がありますので、具体的な求人情報や雇用主の要望にも注視することが重要です。

向いている人の特徴

トラックドライバーに向いている人は運転が好きなのは勿論のこと、他にも以下のような特徴があります。

  • 運転が好きで我慢強い:トラックドライバーは長時間運転をする事が多く、長距離を走ることや交通渋滞に巻き込まれることもあります。運転が好きで我慢強い性格は重要です。
  • 責任感が強い:トラックドライバーは荷積み荷降ろしなどの納期を守ることが求められます。責任感が強く、信頼性がある人が向いています。
  • 独立心がある:トラックドライバーのほとんどは運転から荷物の積み降ろしを一人で行います。一人の時間が好きで、孤独を感じずに長時間を過ごせる人が向いています。
  • 体力がある:トラックドライバーは長時間座りっぱなしで運転することがあり、荷物の積み降ろしやトラックのメンテナンスなど、体力がないと厳しい状況があります。
  • 地理的な知識や方向感覚がある:はじめて行く所も多く、住所だけで向かわなければならない状況がほとんどなので、地理的な知識や方向感覚があると役立ちます。カーナビが使える状況でも、基本的な地理の理解が必要です。
  • コミュニケーション能力がある:トラックドライバーは荷主や倉庫の担当者、他のトラックドライバーともコミュニケーションをとることがあります。円滑なコミュニケーションが取れると良いでしょう。
  • ストレスに強い:交通渋滞や天候の悪化など、予測できない状況に直面することがあります。ストレスに対処でき、冷静な判断ができる人が向いています。

運転技術や体力は自然と身に付きますが、精神的な部分である我慢強さやストレスに強い、孤独が平気などが重要だと思います。

個人的には車好きで洗車も苦にならずに、車内も綺麗にしている人の方が事故やミスも少なく長年続いているイメージです。

*実際に車を綺麗にしている方が事故が少ないという統計も出ています!

これらの特徴を備えている人は、トラックドライバーとしての仕事に向いている可能性が高いです。

アシスタント

トラックドライバーは運転が好きなら誰でも向いていると思ったら、そうでもないのかな?

こつぶ

運転好きはもちろん向いていますが、それだけだと長く続けるのは難しいかもしれませんね!

ドライバーズワーク

向いていない人の特徴

トラックドライバーに向いていない人の特徴は個人によって異なりますが、一般的には以下のような点が挙げられます。

  • 長時間の孤独や単調な作業に対する我慢ができない: トラックドライバーは長時間の運転から、荷物の積み降ろしまで単独で行うので、孤独感や単調さに対処できない人は、この職業に向いていないかもしれません。
  • 運転中の集中力や注意力が欠如している: トラックドライバーは常に交通状況や道路の状態に注意を払い、安全運転が求められます。集中力や注意力が十分でないと、事故の危険性が高まります。
  • 不安定な生活環境に適応できない: トラックドライバーは車内で寝泊まりする事もあり、不規則な生活サイクルになる場合もあります。これに適応できない人はストレスを感じる可能性があります。
  • 健康管理ができない: 長時間の運転や不規則な生活リズムは、健康管理が重要です。食事、運動、睡眠などに気を使えない人は、トラックドライバーの職業に向いていないかもしれません。
  • 感情のコントロールができない:運転中にほかの車にかっとなったり、怒りを抑えられない人はトラブルのもとになり、会社や周りの人に迷惑をかけることになります。
  • 毎日定時に家に帰りたい:トラックドライバーは交通状況や荷物の積み降ろし場所の順番待ちや待機など予測のつかない事が多く、確実に何時に終わるとか帰れるは非常に難しいと思います。

トラックドライバーは交通状況であったり積み降ろし場所の状況が予測出来ない事が多いので、それが原因でイライラしたりストレスを感じたりします。

そのような事態に予め対策を考えておくことをおすすめします。例えば運転中に交通渋滞に巻き込まれてしまった場合では、音楽や*Amazonオーディブルを聴いたり、運転以外であったらマンガや本を読んだり、動画を観たり、その人なりの対処法を考えておけばストレス解消にもつながります!

以上は一般的な特徴であり、個々の状況や適性には差があります。トラックドライバーになる前に、自分の性格や能力と職業の要件を比較し、検討することが重要です。

*Amazonオーディブルについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

トラックドライバー未経験の方に考えておくべきポイント

トラックドライバーの仕事をやったことがないけど、興味がある、やってみようと考えている未経験者の方に考えておくと助かるポイントをまとめてみたので紹介します。

運転したいトラックの種類

トラックの種類と言ってもいろいろあり、トラックの大きさや、平ボディなのかウィング車・冷凍車・ダンプ・トレーラーなのかで仕事内容も大きく変わってきますので、今回は一般貨物を運搬するトラックに限定して、それぞれ紹介します。

トラックの大きさ

トラックの大きさは大きく分けると以下のようになります。

大きさの種類車両区分必要な免許
小型トラック2t車・3t車*¹準中型免許
中型トラック4t車*²中型免許
大型トラック10t車大型免許
トレーラー(牽引貨物自動車)主にセミトレーラー牽引免許

*¹2017年3月11日以前に普通免許を取得していれば普通免許で運転できます。
*²2007年6月1日以前に普通免許を取得していれば普通免許で運転できます。

トラックの大きさを大まかにまとめてみました。今では小型トラックも普通免許で運転できないので、運送業界の若い世代不足が問題です。

トラックの荷台の種類

主に一般貨物を運搬するトラックの荷台で仕事内容も変わってきますので知っていると、自分に合った仕事内容を探しやすくなります。

  • 平ボディ:平ボディとは、一般的なタイプで屋根がなくあおり「荷物が落ちないようにする囲い」ついたボディになっていて、濡れてはいけない荷物はシートをかけ運搬します。運搬できる荷物が幅広く対応できるのが特徴です。
  • バンボディ:バンボディとは、荷台部分が箱型になっていて雨風を防げるので平ボディでは不向きな濡れてはいけない段ボールケースなどの荷物が多いです。
  • ウィングボディ:バンボディの両側が羽のように開くタイプで、フォークリフトでの荷物の積み降ろしが多いため、あんまり荷物を運びたくない人には向いています。市場の配送で多く使われています。
  • 冷凍・冷蔵車:冷凍・冷蔵装置が付いていて、冷凍食品や生鮮食品をメインで配送することが多いです。常温品から冷凍品まで積めるため、幅広い仕事内容を求められます。

トラックの大きさや荷物の種類を把握して、自分に合った仕事内容を決めておくと、運送会社を探しやすくなりますよ。

まとめ:あなたはトラックドライバー向き?

トラックドライバーに向いている人と向いていない人の特徴は以下のような人が考えられます。

トラックドライバーの向き不向きには個人差がありますので、あくまでも参考程度に考えてみてください。これから2024年問題でどうなるか分からないですが、トラックドライバー不足なのは確かです。

トラックドライバーは、やる気があれば未経験でも年齢を問わず雇ってくれる会社も多いので、気になっている方や迷っている方は是非トラックドライバーの仕事をしてみてください!

\ トラックドライバーに特化した転職サービス /

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に強い!

アシスタント

最後までご覧いただきありがとうございました。

こつぶ

これからもこつぶブログをよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次