本記事はアフィリエイト広告を含む場合があります

ファンケルえんきんは老眼に効果なし?40代から加速する老眼の向き合い方

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

老眼は40代から急速に進行することが多く、その対策として注目を集めているのがファンケルえんきんのサプリメントです。しかし、果たして本当に効果があるのでしょうか?

この記事で分かること
  • 老眼とは?
  • 老眼の初期症状
  • ファンケルえんきんは老眼に効果あるのか
  • 老眼との向き合い方

この記事では、ファンケルえんきんの効果に迫りつつ、40代からの老眼にどのように向き合うべきかを探ります。

ファンケルえんきんのお得な初回お試しセットの詳しくはこちらの記事を参照してください!

アシスタント

老眼は早い人では30代から進行する場合もあります。

こつぶ

私も40代前半から老眼かな?となり45歳過ぎた辺りから急加速して今では老眼鏡が手放せなくなりました!

簡単な自己紹介
  • トラックドライバー歴27年
  • 無事故歴32年の50歳
  • トラックドライバーの経験を活かした事
  • からだの痛みの対策や日常を書いてます。
よろしくです!

(スポンサーリンク)

目次

老眼とは?老眼のメカニズムについて

老眼とは?

老眼は、加齢によって起こる視覚の変化の一つで、近くの物を見ることが困難になり、特に細かい文字や小さな物を見るのが難しくなる状態を指します。老眼は、個人差もありますが40歳前後から気になり始め、次第に症状が加速し始める事があります。

老眼は、主に加齢による眼の屈折力の衰えが原因で起こります。通常、眼の水晶体は焦点を正確に調節するために柔軟に変形しますが、加齢によって水晶体が硬くなり、調節能力が低下します。

その結果、水晶体が適切に調節しづらくなり、近くの物を見る際にはピントが合わずにぼやけたり、文字が見えにくくなることが老眼の症状と言えます。

なぜ40代から老眼が進むのか?

40代から老眼が進む主な原因は、年齢とともに眼の屈折力が低下することにより、近くの物を見る時に焦点が合いにくくなる現象です。以下に具体的な理由を述べます。

  1. 加齢による眼の変化:加齢により、眼の水晶体が硬化し、屈折力が低下します。これにより近くの物を見る際に焦点を合わせにくくなり、老眼が進行します。
  2. 眼の筋肉の弱化:年を取ると、眼の筋肉が弱まります。これにより、ピント調整がうまくいかなくなり、老眼が進行します。
  3. 環境の要因:長時間のデスクワーク・スマートフォンやパソコンの使用など、近くの物を見ることが多い環境下での長時間の目の使い過ぎは、老眼の発症につながると考えられています。

老眼は自然な加齢現象であり、一部の人には避けられないものです。そのため、老眼が進行すること自体は問題ありませんが、40代から進行する理由としては、上記のような理由が挙げられます。眼の健康を維持するためには、適切な目のケアや定期的な眼科検診が重要です。

老眼の初期症状

老眼の初期症状は以下のような症状があります。

  1. 視力の低下:近くのものを見る際に、ぼやけたり小さい文字が見えづらくなります。
  2. 目の疲れ:近くの物を長時間見続けたり、見入ったりすると目の疲れを感じる事があります。
  3. 目のかすみ:視力が低下したことにより、遠くの物がぼやけたりかすんだりする事があります。
  4. 頭痛:視力が低下したことにより目を駆使することが増え、頭痛の原因になる事があります。

これらの症状が出た場合は、老眼の可能性があります。40代前半だからといって、まさか老眼なんてと思っているうちにドンドン進行してくるので、気を付けてください!

こつぶ

スマホなどで目を駆使しすぎて起こるスマホ老眼になる恐れもあります!

40代からの効果的な老眼対策

40代からの老眼対策には以下のようなことが効果的です。

  1. 適切な照明の確保:明るい環境で作業することで目の疲れを軽減できます。暗い所でのパソコンやスマートフォンは避けましょう。
  2. 適切な距離での作業:文字や画面から適切な距離を保つことが重要です。例えば、パソコンやスマートフォンを使用する際は、目と画面の距離を約50cm程度に保つようにしましょう。
  3. 休憩を取る:長時間の目の酷使は老眼を進行させる要因となるため、30分ごとに5分の休憩を取るようにしましょう。その際に、目を休めるために遠くを見たり、まぶたを閉じてリラックスしたりすると良いです。
  4. 適切なメガネの使用:近視や遠視の矯正メガネや老眼鏡を使用することで目の負担を軽減できます。定期的に視力検査を受け、必要なメガネを使用しましょう。
  5. 目のストレッチ:目のストレッチを行うことで眼精疲労を軽減できます。例えば、目を上下左右に動かしたり、真っ直ぐ前を見て円を描くように目を動かしたりすると良いです。
  6. ビタミンの摂取:ビタミンAやC、Eなどは目の健康維持に役立ちます。バランスの取れた食事やサプリメントを通じてこれらの栄養素を摂取するようにしましょう。
  7. 目のマッサージ:目の周りを指で優しくマッサージすることで血行を促進し、目の疲れを和らげることができます。

これらの対策を日常生活に取り入れることで、老眼の進行を遅らせることができます。ただし、老眼は加齢による自然な現象であり、完全に予防することはできません。定期的に目の健康をチェックし、必要なケアを行うことが重要です。また、症状が進行している場合は眼科医に相談しましょう。

疲れ目や眼精疲労にお困りの方はこちらの記事を参考にしてください。

アシスタント

パソコンやスマホの長時間使用が老眼を加速させる原因のひとつでもありますね

ファンケルえんきんの成分と効果について

ファンケルえんきんはご愛用者数150万人突破し、累計販売個数2500万個突破したという大変人気のアイケアサプリメントです。

特に手元のピント調整力・目の疲労感の軽減・ぼやけの緩和・光の刺激から目を保護、このような悩みをケアするとされています。

ファンケルえんきんの成分

えんきんには、アスタキサンチン6㎎・ルテイン10㎎・ゼアキサンチン2㎎この3つの成分がバランス良く配合されています。

  • アスタキサンチン:手元のピント調整力・目の疲労感を軽減
  • ルテイン+ゼアキサンチン:ぼやけの緩和
  • ルテイン+ゼアキサンチン:光の刺激から目を保護

この3つの成分が老眼に効果があり、バランス良く普段の食事で摂取することは難しいので、手軽に摂取できるサプリメントが人気の理由ではないでしょうか!

ファンケルえんきんはスーパーやドラッグストアでも購入できますが、ファンケルのオンラインから購入するとお得です。始めての方は初回お試し価格で他では買えない価格で購入することができるので、気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

まとめ

40歳から気になってくる老眼ですが、老化現象なので完全に治す事は難しいので近くの物が見えづらくなったり、目がかすみ・目が疲れやすくなるなどの症状が感じたら老眼の初期症状の可能性があります。

老眼になってしまったら、ファンケルえんきんなどのサプリメントでアイケアをすることも、対処法のひとつです。

えんきんはファンケルオンラインから購入した方が割安だけじゃなく、ポイントやクーポンなどもあるのでお得感満載です。気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

目の疲れや眼精疲労が気になる方はマッサージ方や目のストレッチ・目の疲れに効くツボなどを紹介しているのでこちらの記事を参考にしてください。

40歳前半から気になり、後半には急加速してくる老眼ですが、なってしまったら一生付き合うことになるので上手く向き合っていきましょう!

アシスタント

最後までご覧いただきありがとうございました。

こつぶ

これからもこつぶブログをよろしくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次