本記事はアフィリエイト広告を含む場合があります

    iSPEEDで株式投資を始めよう!楽天証券スマホアプリの使い方と魅力

    • URLをコピーしました!

    (スポンサーリンク)

    株式投資を始めたいけど、どうすればいいかわからない。そんなあなたにおすすめなのが、楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」です。iSPEEDは、株式投資を簡単に始められるだけでなく、様々な魅力があります。手数料が安く、ポイントが貯まる。情報が豊富で、サポートが充実しています。スピードが速く、シンプルで使いやすい。iSPEEDは、株式投資を楽しくするためのアプリです。

    この記事では、iSPEEDで株式投資を始める方法と成功させるコツについて、詳しく解説していきます。

    この記事で分かること
    • iSPEEDのダウンロード方法
    • 使い方をマスターする方法
    • 株式投資の戦略の立て方
    • リスク管理と資金管理をする方法

    この記事では、iSPEEDで株式投資をするために必要なことを、分かりやすくお伝えします。

    iSPEEDで株式投資を始めて、賢くお金を増やしましょう!

    アシスタント

    外出先でもスマホが有れば気軽に株式投資の売り買いや確認が出来るのは魅力ですね。

    こつぶ

    楽天証券のスマホアプリiSPEEDは初心者の方にも使いやすいですよ!

    簡単な自己紹介
    • トラックドライバー歴27年
    • 無事故歴32年
    • トラックドライバー関連や日常などの記事を書いています。
    • 投資歴3年目・ブログ歴2年目に突入

    (スポンサーリンク)

    好きなところに飛べる目次

     iSPEEDとは?楽天証券のスマホアプリの特徴

    iSPEEDの概要と対応商品

    iSPEEDとは、楽天証券が提供するスマホアプリで、株式やETF、投資信託などの取引ができるアプリです。楽天証券の口座を持っていれば、無料でダウンロードして利用できます。iSPEEDは、以下のような特徴があります。

    • スピード:iSPEEDは、その名の通り、スピーディーな取引ができるアプリです。
    • シンプル:iSPEEDは、シンプルなデザインと操作性が魅力的なアプリです。
    • サポート:iSPEEDは、株式投資のサポートも充実しているアプリです。

    スピード:株式のリアルタイム情報やチャート、ニュースなどを素早く表示できます。また、ワンタップで注文ができるので、タイミングを逃さずに取引ができます。

    シンプル:初心者でもわかりやすい画面構成とメニューになっています。また、カスタマイズ機能も充実しているので、自分の好みに合わせて表示内容や色などを変更できます。

    サポート:楽天証券の投資情報やツールを多数利用できます。例えば、楽天証券のアナリストによる銘柄レポートや、AIによる株価予測ツールなどがあります。また、iSPEEDは、楽天証券のカスタマーセンターとも連携しているので、アプリ内から電話やチャットで相談できます。

     iSPEEDのメリットとデメリット

    iSPEEDのメリットとデメリットをまとめてみました。iSPEEDのメリットは、以下のような点が挙げられます。

    メリットデメリット
    メリット1.手数料が安い
    メリット2.ポイントが貯まる
    メリット3.情報が豊富
    デメリット1.対応商品が限られる
    デメリット2.機能が限られる

    メリット

    手数料が安い:iSPEEDは、楽天証券の口座を利用するので、手数料が安く済みます。楽天証券は、株式の取引手数料が業界最安値クラスです。また、楽天ポイントを使って手数料を割引できるサービスもあります。

    ポイントが貯まる:iSPEEDは、楽天証券の口座を利用するので、ポイントが貯まります。楽天証券は、株式の取引や投資信託の積立などで、楽天ポイントが貯まるサービスがあります。また、楽天ポイントを使って株式や投資信託を購入できるサービスもあります。

    情報が豊富:iSPEEDは、楽天証券の投資情報やツールを利用できるので、情報が豊富です。iSPEEDは、株式のリアルタイム情報やチャート、ニュース、銘柄レポート、株価予測ツールなどを提供しています。また、楽天証券のセミナーやウェビナーなどの動画コンテンツも視聴できます。

    デメリット

    対応商品が限られる:iSPEEDは、株式やETF、投資信託などの取引ができますが、その他の商品は取引できません。例えば、FXや先物・オプション、CFDなどは取引できません。また、海外株式や海外ETFなども取引できません。これらの商品を取引したい場合は、楽天証券のPCサイトや別のアプリを利用する必要があります。

    機能が限られる:iSPEEDは、シンプルなデザインと操作性を重視しているので、機能が限られます。また、iSPEEDは、チャートの分析機能やアラート機能なども簡素化されています。これらの機能を利用したい場合は、楽天証券のPCサイトや別のアプリを利用する必要があります。

     iSPEEDのダウンロード方法と口座開設方法

    iSPEEDのダウンロード方法

    1. スマホの種類に応じてアプリストアからダウンロードする
    2. アプリを起動してログインする

    iSPEEDは、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。iPhoneの場合は、App Storeから、Androidの場合は、Google Playから、iSPEEDを検索してダウンロードできます。

    iSPEEDをダウンロードしたら、アプリを起動します。アプリを起動すると、ログイン画面が表示されます。ログイン画面では、楽天証券の口座番号とパスワードを入力してログインします。ログインに成功すると、iSPEEDのトップ画面が表示されます。

    こつぶ

    iSPEEDはすべて無料で使うことができます。

    iSPEEDの口座開設方法

    楽天証券の口座を持っていない場合は、口座開設をする

    楽天証券の口座開設は、インターネットで簡単にできます。楽天証券のホームページから、口座開設の申し込みをします。申し込みには、氏名や住所、メールアドレスなどの個人情報と、本人確認書類の画像が必要です。申し込みが完了すると、メールで口座番号とパスワードが送られてきます。これで、iSPEEDを利用できるようになります。

    楽天証券の口座開設について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

    楽天証券の口座を持っている場合は、そのまま利用できる

    楽天証券の口座をすでに持っている場合は、口座開設の手続きは不要です。iSPEEDをダウンロードして、ログインするだけで、iSPEEDを利用できます。

    以上が、iSPEEDのダウンロード方法と口座開設方法です。iSPEEDをダウンロードして、口座を開設したら、いよいよiSPEEDで株式投資を始める準備が整いました。次の章では、iSPEEDの使い方をマスターしましょう。

    iSPEEDの使い方をマスターしよう

    iSPEEDで株式投資を始める準備ができたら、次はiSPEEDの使い方をマスターしましょう。iSPEEDの使い方をマスターすることで、株式投資をより効率的に、より快適に行うことができます。iSPEEDの使い方をマスターするためには、以下の4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

     iSPEEDの画面構成

    iSPEEDの基本操作と画面構成を理解することで、機能をスムーズに使いこなすことができます。基本操作と画面構成は、以下のようになっています。

    iSPEEDのホーム画面は、株式の最新情報や注目ニュース、おすすめ銘柄などを表示しています。

    ホーム画面上部には、Myページ・Market Today・トウシルがあり、ホーム画面下部にはTODAY・お気に入り・検索・注文・資産・照会・メニューがあります。

    Myページでは、自分の好きなようにカスタマイズすることができます。詳しくはこちらの楽天証券公式ホームページアプリの使い方を参考にしてください。

    iSPEEDで銘柄情報を入手する方法

    iSPEEDで銘柄情報を入手する方法を知ることで、株式投資の判断材料を増やすことができます。iSPEEDで銘柄情報を入手する方法は、以下のようになっています。

    銘柄検索:iSPEEDで銘柄情報を入手する最も基本的な方法は、画面下部の検索アイコンから行えます。検索アイコンをタップすると、検索画面が表示され、銘柄コードや銘柄名を入力して検索できます。

    検索結果は、一覧で表示されます。検索結果の銘柄をタップすると、銘柄画面に移ります。

    他にも検索画面から国内株式市場ランキングや業種・テーマ・チャートの形状・スパースクリーナーなどで銘柄検索をすることもできます。

    日経テレコン:ホーム画面上部のMarket Todayでは楽天証券マーケットニュース動画や日経テレコン(楽天証券版)は日本経済新聞社が提供する記事を無料で閲覧することができるので、銘柄情報にも役立ちます。

    iSPEEDで買い注文と売り注文を出す方法

    iSPEEDで買い注文と売り注文を出す方法を覚えることで、株式投資の実践を始めることができます。iSPEEDで買い注文と売り注文を出す方法は、以下のようになっています。

    買い注文

    買い注文をする場合はホーム画面下部の注文から現物買いをタップすると、検索・お気に入り・ランキング・保有銘柄一覧から銘柄を探し買い注文画面に移ります。買い注文画面では、注文の詳細を入力して確定することができます。

    注文の詳細には、売買区分、注文数量、注文価格、執行条件などがあり、売買区分は、買いになっています。注文数量は、購入したい株数を入力します。注文価格は、購入したい価格を入力します。執行条件は、成行か指値かを選択します。成行の場合は、現在の相場で即時に約定します。指値の場合は、指定した価格で約定するまで待ちます。注文内容を入力したら、注文確認ボタンをタップします。

    注文確認画面では、注文の内容を確認することができ、注文内容のほかに、手数料や消費税、必要証拠金なども表示されています。注文の内容に間違いがなければ、注文確定ボタンをタップします。注文確定ボタンをタップすると、注文が完了します。注文が完了すると、注文完了画面が表示されます。注文完了画面では、注文番号や注文状況などが表示されています。

    売り注文

    売り注文は、ホーム画面下部の注文から現物売りを選択すると、保有銘柄一覧が表示されるので売りたい銘柄をタップすると売り注文画面に移ります。売り注文画面では、注文の詳細を入力して確定することができます。

    注文の詳細には、売買区分、注文数量、注文価格、執行条件などがあります。売買区分は、売りになっています。注文数量は、売却したい株数を入力します。注文価格は、売却したい価格を入力します。

    執行条件は、成行か指値かを選択します。成行の場合は、現在の相場で即時に約定します。指値の場合は、指定した価格で約定するまで待ちます。注文内容を入力したら、注文確認ボタンをタップします。

    注文確認画面では、注文の内容を確認することができ、注文内容のほかに、手数料や消費税、必要証拠金なども表示されています。注文の内容に間違いがなければ、注文確定ボタンをタップします。

    注文確定ボタンをタップすると、注文が完了します。注文が完了すると、注文完了画面が表示されます。注文完了画面では、注文番号や注文状況などが表示されています。

    以上が、iSPEEDで買い注文と売り注文を出す方法です。iSPEEDで買い注文と売り注文を出すことで、株式投資の実践を始めることができます。

    iSPEEDで株式投資を成功させるコツ

    iSPEEDで株式投資を始めることができたら、次はiSPEEDで株式投資を成功させるコツを学びましょう。株式投資を成功させるコツを学ぶことで、株式投資のスキルや知識を向上させることができます。iSPEEDで株式投資を成功させるコツを学ぶためには、以下の3つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

     iSPEEDで利用できる投資情報やツールの紹介

    iSPEEDで利用できる投資情報やツールを知ることで、株式投資の判断材料を増やすことができます。iSPEEDで利用できる投資情報やツールは、以下のようなものがあります。

    銘柄レポート

    銘柄レポートとは、楽天証券のアナリストが銘柄の業績や将来性などを分析してまとめたレポートです。銘柄レポートは、銘柄画面のタブから見ることができます。銘柄レポートを見ることで、銘柄の強みや弱み、目標株価やレーティングなどを知ることができます。

    株価予想ツール

    株価予測ツールとは、AIが銘柄の株価を予測するツールです。株価予測ツールは、銘柄画面のタブから見ることができます。株価予測ツールを見ることで、銘柄の株価の上昇確率や下落確率、予測株価や予測期間などを知ることができます。

    動画コンテンツ

    動画コンテンツとは、楽天証券が提供するセミナーやウェビナーなどの動画です。動画コンテンツは、ホーム画面の上部にあるトウシルから見ることができます。動画コンテンツを見ることで、株式市場の動向や投資戦略などを学ぶことができます。

     iSPEEDで株式投資の戦略を立てる方法

    iSPEEDで株式投資の戦略を立てる方法を知ることで、株式投資の目的や方向性を明確にすることができます。株式投資の戦略を立てる方法は、以下のようになっています。

    • 投資目的を決める:投資目的とは、株式投資で何を達成したいかということです。例えば、資産形成や老後資金、子供の教育費などが投資目的になります。投資目的を決めることで、株式投資の期間やリスクやリターンなどを考えやすくなります。
    • 投資スタイルを決める:投資スタイルとは、株式投資でどのような方法や手法を使うかということです。例えば、長期保有や短期売買、バリュー・グロース投資や高配当投資などが投資スタイルになります。投資スタイルを決めることで、株式投資でどのような銘柄やタイミングを選ぶかを考えやすくなります。
    • 投資ルールを決める:投資ルールとは、株式投資でどのような基準や条件を設けるかということです。例えば、資金配分や損切りライン、利確ラインなどが投資ルールになります。投資ルールを決めることで、株式投資で感情的にならずに冷静に判断できるようになります。

    iSPEEDでリスク管理と資金管理をする方法

    iSPEEDでリスク管理と資金管理をする方法を知ることで、株式投資の安全性と効率性を高めることができます。リスク管理と資金管理をする方法は、以下のようになっています。

    リスク管理

    iSPEEDでリスク管理をするには、以下の2つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

    • 分散投資をする:分散投資とは、株式投資で一つの銘柄や一つの業種に偏らないように、複数の銘柄や複数の業種に分散して投資することです。分散投資をすることで、個別の銘柄や業種の変動によるリスクを低減できます。
    • 損切りをする:損切りとは、株式投資で損失が一定の水準に達したら、株式を売却して損失を確定することです。損切りをすることで、株式のさらなる下落によるリスクを回避できます。損切りをするためには、事前に損切りラインを決めておくことが必要です。損切りラインとは、株式の購入価格に対する損失率の上限です。例えば、損切りラインを10%に設定した場合は、株式の価格が購入価格の90%以下になったら、株式を売却します。iSPEEDでは、逆指値注文を使って損切りを自動化することもできます。逆指値注文とは、株式の価格が指定した価格に達したら、成行注文を出す注文です。逆指値注文を使うことで、株式の価格の変動に素早く対応できます。

    資金管理

    iSPEEDで資金管理をするには、以下の2つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

    • 資金配分をする:資金配分とは、株式投資でどのくらいの資金を使うかということです。資金配分をすることで、株式投資の規模やバランスを決めることができます。資金配分をするためには、事前に投資資金やリスク許容度を決めておくことが必要です。投資資金とは、株式投資に使える資金の総額です。リスク許容度とは、株式投資で許容できる損失の範囲です。例えば、投資資金が100万円で、リスク許容度が10%だった場合は、株式投資で最大10万円の損失を許容できるということです。資金配分をする際には、以下のようなルールを参考にすると良いでしょう。
      • 一つの銘柄に投資する資金は、投資資金の5%以下にする:一つの銘柄に投資する資金は、投資資金の5%以下にすることで、分散投資をしやすくなります。例えば、投資資金が100万円だった場合は、一つの銘柄に投資する資金は5万円以下にするということです。これにより、最低20銘柄に分散投資できます。
      • 一日の取引額は、投資資金の20%以下にする:一日の取引額は、投資資金の20%以下にすることで、短期売買のリスクを抑えることができます。例えば、投資資金が100万円だった場合は、一日の取引額は20万円以下にするということです。これにより、株価の変動による損失を最大20万円に抑えることができます。
    • 利確をする:利確とは、株式投資で利益が出たら、株式を売却して利益を確定することです。利確をすることで、株式のさらなる上昇による利益を逃すリスクを回避できます。利確をするためには、事前に利確ラインを決めておくことが必要です。利確ラインとは、株式の購入価格に対する利益率の下限です。例えば、利確ラインを10%に設定した場合は、株式の価格が購入価格の110%以上になったら、株式を売却します。iSPEEDでは、指値注文を使って利確を自動化することもできます。指値注文とは、株式の価格が指定した価格に達したら、成行注文を出す注文です。指値注文を使うことで、株式の価格の変動に素早く対応できます。

    以上が、iSPEEDでリスク管理と資金管理をする方法です。iSPEEDでリスク管理と資金管理をすることで、株式投資の安全性と効率性を高めることができます。

    まとめ

    この記事では、楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」で株式投資を始める方法と成功させるコツについて、詳しく解説しました。

    iSPEEDの魅力
    • 手数料が安く、ポイントが貯まる
    • 情報が豊富で、サポートが充実
    • スピードが速く、シンプルで使いやすい

    iSPEEDで株式投資を始めるには、iSPEEDをダウンロードして、口座開設をすることから始めます。

    iSPEEDの使い方をマスターするには、基本操作と画面構成を理解し、銘柄情報を入手し、買い注文と売り注文を出し、注文状況や保有資産を確認することを覚えます。iSPEEDで株式投資を成功させるには、投資目的と投資スタイルと投資ルールを決め、リスク管理と資金管理をすることを学びます。

    iSPEEDで株式投資を始めて、賢くお金を増やしましょう!

    楽天証券口座開設について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

    アシスタント

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    こつぶ

    これからもこつぶブログをよろしくお願いいたします!

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    (スポンサーリンク)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    好きなところに飛べる目次