本記事はアフィリエイト広告を含む場合があります

    楽天証券口座開設のメリットやデメリットを初心者向けに易しく解説!

    • URLをコピーしました!

    (スポンサーリンク)

    あなたは、投資に興味がありますか?もしそうなら、楽天証券口座開設は、あなたにとって最適な選択かもしれません。

    楽天証券は、日本最大級のネット証券会社で、手数料が安く、楽天ポイントが貯まり、豊富な投資商品や情報があります。しかし、楽天証券口座開設には、デメリットもあります。サポートが不十分だったり、システム障害が多かったりします。では、楽天証券口座開設は、本当におすすめできるのでしょうか?

    この記事では、楽天証券口座開設、初心者向け、メリットデメリットというキーワードで検索する方の疑問や悩みを解決するために、以下の内容を詳しく解説していきます。

    この記事で分かること
    • 楽天証券とはどんな会社なの?
    • 楽天証券口座開設の方法や条件
    • 楽天証券口座開設のメリット
    • 楽天証券口座開設のデメリット
    • 楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールは?
    • 楽天証券口座開設に関するよくある質問や注意点

    この記事を読めば、楽天証券口座開設についてすべてわかるようになります。

    \ 早く楽天証券口座開設したい方はこちらからどうぞ /

    アシスタント

    楽天証券の口座開設を迷っている方は最後までこの記事読めばきっとお役に立てるかもしれません。

    こつぶ

    それでは、楽天証券口座開設のメリットやデメリットを初心者向けに易しく解説していきましょう!

    簡単な自己紹介
    • トラックドライバー歴27年
    • 無事故歴32年
    • トラックドライバー関連や日常などの記事を書いています。
    • 投資歴3年目・ブログ歴2年目に突入

    (スポンサーリンク)

    好きなところに飛べる目次

    はじめに楽天証券とは?

    楽天証券とはどんな会社なのかを簡単に紹介します。

    楽天証券は、楽天グループで、日本最大級のネット証券会社です。1999年に設立され、NISA口座数№1・新規口座開設数№1と満足度№1の実績があります。

    楽天証券は、株式、投資信託、FX、先物・オプション、債券、金など、さまざまな投資商品を取り扱っており、手数料やスプレッドも業界最安値水準です。

    また、楽天ポイントを貯めたり使ったりできるので、楽天グループの他のサービスとも連携しています。楽天証券は、投資初心者から上級者まで、幅広いニーズに応えるネット証券会社です。

    楽天証券株式会社

    楽天証券口座開設の方法や条件

    次に、楽天証券口座開設の方法や条件について説明します。楽天証券口座開設に必要なものや手順は以下のとおりです。

    • 必要なもの:楽天会員ID、楽天銀行口座(無くても可・同時に銀行口座の開設もできる)、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証など)、マイナンバー(個人番号)カードまたは通知カード
    • 手順:
      1. 楽天証券の公式サイトにアクセスし、楽天会員IDとパスワードでログインする
      2. トップページの「口座開設」ボタンをクリックする
      3. 必要事項を入力し、利用規約に同意する
      4. 本人確認書類とマイナンバーの画像をアップロードする
      5. 口座開設申込みの完了画面が表示される

    楽天証券と楽天銀行の連携サービスのマネーブリッジについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

    楽天証券口座開設にかかる時間や費用は以下のとおりです。

    • 時間:申込みから最短即日で口座開設が完了する
    • 費用:口座開設手数料は無料で、年会費もかからない

    楽天証券口座開設の種類や選び方は以下のとおりです。

    • 種類:楽天証券には、一般口座と特定口座の2種類があります。一般口座は、源泉徴収なしで、自分で確定申告をする必要があります。特定口座は、源泉徴収ありで、確定申告をしなくてもよい場合があります。また、特定口座には、NISA口座とiDeCo口座の2種類があります。NISA口座は、非課税枠内で株式や投資信託などを購入できる口座です。iDeCo口座は、個人型確定拠出年金の口座で、税制優遇を受けながら老後の資産形成ができる口座です。
    • 選び方:楽天証券口座開設の際には、自分の投資目的やスタイルに合わせて、最適な口座を選ぶことが大切です。例えば、確定申告をしたくない人は、特定口座を選ぶとよいでしょう。また、非課税で投資をしたい人は、NISA口座を選ぶとよいでしょう。さらに、老後の資産形成をしたい人は、iDeCo口座を選ぶとよいでしょう。楽天証券では、一般口座と特定口座を同時に開設できるので、自分のニーズに応じて使い分けることができます。

    \ NISA口座数№1の楽天証券ではじめてみよう /

    楽天証券口座開設のメリット

    ここからは、楽天証券口座開設のメリットについて具体的な例や数字で説明していきます。楽天証券口座開設のメリットは、他の証券会社と比較しても、非常に多くあります。以下に、楽天証券口座開設のメリットを3つ紹介します。

    楽天証券口座開設のメリットその1:手数料が安い

    楽天証券口座開設のメリットのひとつは、手数料が安いことです。楽天証券では、株式や投資信託などの取引手数料が業界最安値水準であるだけでなく、キャンペーンや割引サービスも充実しています。例えば、以下のような手数料のメリットがあります。

    • 株式の取引手数料は、1日の累計売買代金が50万円以下の場合は、一律250円(税抜)で、50万円を超える場合は、累計売買代金の0.05%(税抜)で取引できます。これは、他の証券会社の平均的な手数料よりも約半額以下です。また、楽天証券では、毎月の取引回数に応じて、最大50%の割引サービスもあります。さらに、楽天ポイントを使って、手数料を支払うこともできます。
    • 投資信託の取引手数料は、楽天証券で取り扱っている約1,500本の投資信託のうち、約1,000本が手数料無料で購入できます。また、楽天証券では、毎月の積立金額に応じて、楽天ポイントがもらえるサービスもあります。
    • FXの取引手数料は、楽天証券では、スプレッドが業界最狭水準で、最低0.01銭(税抜)です。また、楽天証券では、毎月の取引高に応じて、楽天ポイントがもらえるサービスもあります。

    以上のように、楽天証券口座開設のメリットのひとつは、手数料が安いことです。手数料が安いということは、投資のコストが低くなり、利益が高くなる可能性が高まります。楽天証券では、手数料を節約しながら、効率的に投資ができるのです。

    ゼロコース

    楽天証券にはゼロコース・超割コース・いちにち定額コースがあり、ゼロコースに設定すると国内株式取引(現物・信用)を無料で取引できます。

    楽天証券口座開設のメリットその2:楽天ポイントが貯まる

    楽天証券口座開設のメリットのひとつは、楽天ポイントが貯まることです。楽天ポイントとは、楽天グループのさまざまなサービスで使えるポイント制度です。

    楽天証券では、以下のような方法で楽天ポイントが貯まります。

    • 口座開設時に、キャンペーンにエントリーすると最大2000ポイントの楽天ポイントがもらえる
    • 色々なキャンペーンを開催していて、エントリーして条件が達成すると楽天ポイントがもらえる
    • 楽天銀行口座と連携して、楽天カードで決済すると、最大2倍の楽天ポイントがもらえる
    • 楽天証券のサイトやアプリで、楽天ポイントを使って手数料を支払うことができる

    以上のように、楽天証券口座開設のメリットのひとつは、楽天ポイントが貯まることです。楽天ポイントが貯まるということは、楽天グループの他のサービスでお得にショッピングや旅行ができるということです。

    楽天証券では、投資と楽天ポイントの両方を楽しむことができるのです。

    楽天証券口座開設のメリットその3:豊富な投資商品や情報がある

    楽天証券口座開設のメリットのひとつは、豊富な投資商品や情報があることです。楽天証券では、以下のような投資商品や情報が提供されています。

    • 投資商品:楽天証券では、株式、投資信託、FX、先物・オプション、債券、金など、さまざまな投資商品を取り扱っています。また、楽天証券では、独自の投資商品も開発しています。例えば、楽天証券オリジナルの投資信託「楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)」や、楽天証券が選んだ優良な投資信託「楽天証券厳選ファンド」などがあります。これらの投資商品は、楽天証券のお客様にだけ提供される特別な商品です。
    • 投資情報:楽天証券では、投資に役立つ情報も豊富に提供されています。例えば、以下のような情報があります。
      • マーケットスピード:楽天証券の独自の取引ツールで、リアルタイムに株価やチャート、ニュースなどを確認できます。
      • 楽天証券アプリ:楽天証券のスマホアプリiSPEED(アイスピード)で、いつでもどこでも取引や情報の確認ができます。
      • 楽天証券レポート:楽天証券の専門アナリストが作成したレポートで、株式や投資信託、FXなどの分析や予想を見ることができます。
      • 楽天証券セミナー:楽天証券が主催するセミナーで、投資の基礎や応用、最新のトピックスなどを学ぶことができます。

    以上のように、楽天証券口座開設のメリットのひとつは、豊富な投資商品や情報があることです。豊富な投資商品や情報があるということは、自分に合った投資を選ぶことができるということです。楽天証券では、投資の幅を広げることができるのです。

    新規口座開設数№1の楽天証券口座開設はこちらから

    楽天証券口座開設のデメリット

    ここまで、楽天証券口座開設のメリットについて説明してきましたが、もちろんデメリットもあります。楽天証券口座開設のデメリットについても、具体的な例や数字で説明していきます。楽天証券口座開設のデメリットは、他の証券会社と比較しても、少なくはないです。以下に、楽天証券口座開設のデメリットを2つ紹介します。

    楽天証券口座開設のデメリットその1:サポートが不十分

    楽天証券口座開設のデメリットのひとつは、サポートが不十分なことです。楽天証券では、電話やメールでのお問い合わせに対応していますが、その対応時間や品質には改善の余地があります。例えば、以下のようなサポートの不満があります。

    • 電話でのお問い合わせは、平日の8:30~17:00(土日祝・年末年始を除く)となっており、それ以外の時間は、対応していません。また、電話がつながりにくいことや、待ち時間が長いことも多々あります。
    • メールでのお問い合わせは、24時間受け付けていますが、返信には最大3営業日かかることがあります。また、返信の内容が的外れだったり、不親切だったりすることもあります。
    • サポートスタッフの知識や経験が不足していることや、対応が機械的だったり、無愛想だったりすることもあります。

    以上のように、楽天証券口座開設のデメリットのひとつは、サポートが不十分なことです。サポートが不十分ということは、投資に関する疑問やトラブルが発生したときに、解決できない可能性が高まるということです。楽天証券口座開設の際には、サポートの対応時間や品質に注意する必要があります。

    楽天証券口座開設のデメリットその2:システム障害が多い

    楽天証券口座開設のデメリットのひとつは、システム障害が多いことです。楽天証券では、サイトやアプリ、ツールなどのシステムが、頻繁に不具合や停止を起こすことがあります。例えば、以下のようなシステム障害があります。

    • サイトやアプリが重くなったり、表示されなかったりすることがある
    • ツールが動作しなかったり、誤作動したりすることがある
    • 注文が通らなかったり、遅れたり、キャンセルできなかったりすることがある
    • 情報が更新されなかったり、誤ったりすることがある

    以上のように、楽天証券口座開設のデメリットのひとつは、システム障害が多いことです。システム障害が多いということは、投資のチャンスを逃したり、損失を拡大したりする可能性が高まるということです。楽天証券口座開設の際には、システムの安定性や信頼性に注意する必要があります。

    そのようなシステム障害が心配の場合は複数の証券口座を持つのもひとつの手段です。

    他の証券会社はどうなのか気になる方はこちらの記事で楽天証券・SBI証券・SMBC日興証券を解説しています。

    こつぶ

    ネット証券のツートップ楽天証券とSBI証券のふたつの証券口座を保有していれば間違いないですね!

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツール

    ここまで、楽天証券口座開設のメリットとデメリットについて説明してきましたが、楽天証券口座開設後には、さらに便利なサービスやツールが利用できます。楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールについても、紹介していきます。以下に、楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールを3つ紹介します。

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールその1:マーケットスピード

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールのひとつは、パソコンで利用できるマーケットスピードとマーケットスピードです。マーケットスピードとは、楽天証券の独自の取引ツールで、リアルタイムに株価やチャート、ニュースなどを確認できるツールです。マーケットスピードの特徴は以下のとおりです。

    • マーケットスピードは、パソコンで利用できる
    • 無料で利用できる
    • カスタマイズできる
    • 高速で安定している

    マーケットスピードを利用すると、以下のようなメリットがあります。

    • リアルタイムに市場の動きを把握できる
    • 自分の好みに合わせて画面を変更できる
    • ワンクリックで注文やキャンセルができる
    • 豊富な分析ツールやニュースが利用できる

    以上のように、マーケットスピードは、楽天証券口座開設後に利用できる便利なサービスやツールのひとつです。マーケットスピードを使えば、よりスムーズに投資ができるようになります。

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールその2:楽天証券アプリ

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールのひとつは、楽天証券アプリiSPEEDです。

    iSPEEDとは、楽天証券のスマホアプリで、いつでもどこでも取引や情報の確認ができるアプリです。iSPEEDの特徴は以下のとおりです。

    • iSPEEDは、iOSやAndroidなどの主要なスマホOSに対応している
    • 無料で利用できる
    • 操作が簡単で分かりやすい
    • セキュリティが高い

    楽天証券アプリを利用すると、以下のようなメリットがあります。

    • iSPEEDを利用すると、いつでもどこでも株式や投資信託、FXなどの取引ができる
    • リアルタイムに株価やチャート、ニュースなどの情報を見ることができる
    • 楽天証券のサイトやツールと同じ機能やサービスが利用できる
    • 楽天ポイントやキャンペーンなどのお得な情報も受け取ることができる

    以上のように、楽天証券アプリiSPEEDは、楽天証券口座開設後に利用できる便利なサービスやツールのひとつです。iSPEEDを使えば、より快適に投資ができるようになります。iSPEEDは楽天証券の公式サイトやアプリストアからダウンロードできます。ぜひ使ってみてください!

    楽天証券スマホアプリiSPEEDについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールその3:楽天証券レポート

    楽天証券口座開設後に利用できるサービスやツールのひとつは、楽天証券レポートです。楽天証券レポートとは、楽天証券の専門アナリストが作成したレポートで、株式や投資信託、FXなどの分析や予想を見ることができるサービスです。楽天証券レポートの特徴は以下のとおりです。

    • 楽天証券レポートは楽天証券のサイトやアプリで閲覧できる
    • 無料で利用できる
    • 毎日更新される
    • 分かりやすく信頼できる

    楽天証券レポートを利用すると、以下のようなメリットがあります。

    • 楽天証券レポートを利用すると投資に必要な情報を効率的に入手できる
    • 投資の判断や戦略に役立つ分析や予想を参考にできる
    • 楽天証券の専門アナリストの知見や経験を活用できる
    • 投資の楽しさややりがいを感じることができる

    以上のように、楽天証券レポートは、楽天証券口座開設後に利用できる便利なサービスやツールのひとつです。楽天証券レポートを読めば、より賢く投資ができるようになります。楽天証券レポートは、楽天証券の公式サイトやアプリから閲覧できます。ぜひ一度読んでみてください!

    楽天証券口座開設に関するよくある質問や注意点

    最後に、楽天証券口座開設に関するよくある質問や注意点について紹介します。楽天証券口座開設に関するよくある質問や注意点は、以下のとおりです。

    • 楽天証券口座開設にはどれくらいの時間がかかるのか?
    • 楽天証券口座開設にはどんな書類が必要なのか?
    • 楽天証券口座開設後に口座を変更したい場合はどうすればいいのか?

    これらの質問や注意点について、解説していきます。

    楽天証券口座開設にはどれくらいの時間がかかるのか?

    楽天証券口座開設には、申込みから最短即日で口座開設が完了することがあります。ただし、以下のような場合は、口座開設に時間がかかることがあります。

    • 申込みの内容に不備や誤りがあった場合
    • 本人確認書類やマイナンバーの画像が不鮮明だった場合
    • 申込みの混雑状況によっては、審査に時間がかかった場合

    楽天証券口座開設の進捗状況は、楽天証券のサイトやアプリで確認できます。また、口座開設が完了したら、メールで通知されます。楽天証券口座開設には、できるだけ早く手続きを済ませることがおすすめです。

    楽天証券口座開設にはどんな書類が必要なのか?

    楽天証券口座開設には、以下の書類が必要です。

    • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、健康保険証などのいずれか1点
    • マイナンバー(個人番号):マイナンバーカードまたは通知カードのいずれか1点

    これらの書類は、画像としてアップロードする必要があります。画像は、以下のような条件を満たす必要があります。

    • 画像はカラーで、JPGまたはPNG形式であること
    • 書類の全体が写っており、文字が読み取れること
    • 反射やぼやけがなく、裏面や他の書類と重なっていないこと

    これらの書類は、楽天証券口座開設のために必要なものであり、個人情報の保護には十分に注意されています。楽天証券口座開設には、これらの書類を用意することが必要です。

    楽天証券口座開設後に口座を変更したい場合はどうすればいいのか?

    楽天証券口座開設後に口座を変更したい場合は、以下のようにすることができます。

    • 口座の種類を変更したい場合:楽天証券のサイトやアプリで、口座の種類を変更することができます。例えば、一般口座から特定口座に変更したり、NISA口座やiDeCo口座を追加したりすることができます。ただし、口座の種類を変更すると、税金や手続きなどに影響が出ることがあります。口座の種類を変更する前に、必ず注意事項を確認してください。
    • 口座の解約をしたい場合:楽天証券のサイトやアプリで、口座の解約を申請することができます。ただし、口座の解約には、以下のような条件があります。
      • 口座に残っている資産やポイントをすべて引き出すこと
      • 口座に関連するすべての契約や手続きを解除すること
      • 口座に関連するすべての税金や手数料を支払うこと

    口座の解約は、一度行うと取り消すことができません。口座の解約をする前に、必ず注意事項を確認してください。

    最後にまとめ

    この記事では、楽天証券口座開設のメリットデメリットを初心者にも分かりやすく、楽天証券口座開設について詳しく解説しました。

    楽天証券は、日本最大級のネット証券会社で、手数料が安く、楽天ポイントが貯まり、豊富な投資商品や情報があります。しかし、楽天証券口座開設には、サポートが不十分だったり、システム障害が多かったりするデメリットもあります。楽天証券口座開設に興味がある方は、この記事を参考にして、メリットとデメリットを比較して、自分に合った選択をしてください。

    楽天証券口座開設をすれば、投資の世界が広がります。楽天証券は、あなたの投資のパートナーとして、全力でサポートします。

    \ 楽天証券口座開設して 資産運用をはじめよう/

    アシスタント

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    こつぶ

    これからもこつぶブログをよろしくお願いいたします!

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    (スポンサーリンク)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    好きなところに飛べる目次